SAMPLE JOB

TEL:03-5817-8553受付:11:00〜16:00 定休日:火・木

大学院、ビジネススクールへの留学サポートStudy Abroad Graduate School

海外の大学院、ビジネススクールへの留学を目指す方へのサポートを提供しています。LLM、Dental School、Nurse School、Policy School を含みます。TOEFL/IELTSのような英語試験の対策、GRE/GMATのような判定テストの対策、出願エッセー作成、推薦状作成、インタビュー特訓などを総合的に行い、名門大学を含む志望校への合格を実現していきます。

ビジネススクール、大学院含めて合格してない学校はないかと思っています。ハーバードとかスタンフォード、MIT、コロンビア、イェール、ケンブリッジ、オックスフォード、インペリアル、どこでも言っていただければ全然合格していると思っています。

経験値ってやっぱりあるかもしれないです、ずっとやり続けているのでこの学校はこの生徒さんを好むとか、こういうところに重きを置いて合否判定をするからこの学校目指すのであればこういう出願の仕方をしなくてはね、こういうエッセイを書かなければね、こういう課外活動しときゃなければねって常に共通なのですが、学校にそれなりの合否判定基準があったり、こういう生徒を求めているという像があったりするので、それをちゃんと経験上熟知したうえで、それに合った出願をしていくということを徹底するのです。ちょっとやれば出来るとかそういうことではなくて徹底してやっていきます。

結構いらっしゃいます。企業派遣の方は一定割いらっしゃって、今こういう会社に働いていますと、それはメーカーであれ、コンサルティングであれ、法律のお仕事であれ、色んなお仕事の方いらっしゃるのですが、会社に勤めていますと、その会社で5年ぐらい勤めているんだけれども、会社の中でのキャリアアップの為に会社から派遣されて、例えば1年ないし2年海外で学んで戻ってきてそこでまた、キャリアを積んでいくという設定の下海外留学されるという方もいらっしゃいますし。あとは公官庁です、私たちの中で多いのは、経済産業省ですとか、厚生労働省ですとか、総務省とか防衛省とかが多いですけれど、そうしたところからもちろん所属先に戻ってくるのですけれど、1年ないし2年海外に学びに行くという省庁の方もいらっしゃいますし、あとは会社を辞めて行きますと。キャリアの為にやるんだけど、元に戻ってキャリアアップではなくて、自分の次のステージに進んで行きたいんだということで今の会社は1年後とか2年後に辞めます、それまでに留学の準備をちゃんとして、英語力をつけて合格出来る土台を作って留学をしますと、日本に帰ってくる人もいるし、現地で働き続ける人もいますが、先程出たボストンキャリアフォーラムのような所で仕事先を見つけたりとか、自分で企業したりですとか、投資家になったりです、分野は本当に様々です。本当に皆さんステップアップの為に頑張られています。

大学を卒業した後の留学になると1番多いのは大学院に行くか、大学院って英語でGraduate schoolというのですが、大学院に留学する人が多い。あと、ビジネススクールに留学する人が多い。ビジネススクールに行くとMBAという学印が取れるのです。これMaster of BusinessAdministrationというのですが、MBAを取りに行く人もいます。他にもあるのが法律の学校です、ロースクールというのですが、法律学校に1年プログラムが多いですけど、1年法律の専門家になる為に専門知識をつけるために行くと方もいらっしゃいます。他にも色々あります、メディカルスクールっていって海外でお医者さんになりたいですとか、海外で歯医者さんになりたいですとか、様々ありますけれども、最初の3つぐらいが1番多いでしょう。

そうです。変えたい、変わりたいって思いが強い方です。このままでいいんだって思っているただ英語力がうまくなればなぁという位であれば留学しちゃ駄目とは言いませんけど、留学じゃないやり方もあるのかと思っていますけど。それなりに特に会社が出すわけではなくて自分が授業料出しますという場合それなりのエネルギーと時間とお金を使っていくわけですから、そこまで自分を変えたいという気持ちが強い方、変えたい変わりたいという方が向いていると思っています。

1番最初は、希望校の選択です。どこの国のどういう学校目指しますかというところが志望校の選択で、私の生徒さんは名門校選ぶ方がほとんどです。名門校になってくると高い数値求められますので、TOEFLとかIELTSですとか英語のテストをやらなければいけないので、あとはGREとかGMATというテストがあります。これは大学院とかビジネススクールレベルを目指す生徒さんが受けなければいけないテストがあります。最近緩和されてきているのもありますけど、基本的には受けなければいけないというテストがあって、そういうテスト対策をします。出願エッセイを書かなければなりません、これもさっきと同じで、良い学校に出願してくる人は皆高い数字持っているので、それプラス出願エッセイでどうアピールするのという出願エッセイを一緒に作ります。はい、勝手に作ってではなくて一緒に作ります。そこで、名門校でもハーバードMIT、スタンフォード、イェールが求めている人物が違うのでどういうエッセイが合格するというのは分かっているのでそれに基づいてエッセイを一緒に作っていくということです。推薦状これも要ります。推薦状も学校によって2枚とか3枚とか要るのですが、その推薦状を日本の上司に推薦状英語で書いてって言ってもなかなか難しいです、なのでそれは書くところでサポートに入らせていただいて、こういう案でどうでしょうかとかこうしてみましょうかとか一緒に作っていきます。推薦状の作成のサポートをしております。

そうです、私たちの仕事のミッションというのは合格していただくにつきますので、合格に必要なことはすべてやります。推薦状出したら終わりではなくて、日本での履歴書です、というのも出さなければいけません。履歴書も一緒に作成していきますし、最終的にはインタビューが来ることがよくあります、面接。もちろん英語で面接です。例えばMITの担当官が来ました英語で面接しましょうとなった時に練習しておかないと難しいですから面接の練習というのもさせていただいて、何よりも大事なのが戦略をちゃんと立ててやらないといけないのです。例えば数字が高かったら合格するわけじゃないって話であるというのは常にそうなのですが、あって当たり前の世界だから何時何時までに点数をこういうふうに上げていきましょうとスケジューリングして、英語のレッスンもさせていただくので、それに点数がのっているかというタイムマネジメントもさせていただきますし、あと課外活動です。その学校にこの専門性で行くのであればこういう課外活動しておいた方がいいよというのは分かっています。それって出願手前には出来ないので、ある程度事前にこういうことを、このぐらいの頻度でやっていきましょうかと、お仕事に無理がない範囲でねというところは戦略的なとこなのです。こういったところというのもコンサルしていきます。

きちんとしたストラテジーがあって一緒に向かっていくという感じです。だから合格すると。なぜ名門校に合格しているのかというとそこまでちゃんと学校を理解したうえで逆算してレールをひいて一緒に着実に歩んでいくと、なので合格していくと。

強みは圧倒的なプロデュース力です。僕がこういう大学院に本当に合格出来るのですかという質問よく頂きます。例えば、日本でそんなに有名な大学出たわけじゃないと、誰もが知っている超有名企業に勤めているわけじゃないと、でも私でコロンビア大学に受かること出来ますかとか質問きたりするのですが、それは圧倒的なプロデュースをすれば可能は可能です。大学名ですとかどういう企業に勤めているですとかそういったところってどういう実績を積んできているかとか、名前も実績も両方やっぱり高いければ高いほど良い学校に合格しやすい、これはあります。もちろんそういう実績をお持ちの方は合格させていただきますが、そうじゃないと大学名は海外的に知名度があるかと言ったらそうじゃないかもしれない、社名も同じく、頑張っているけれども世界的に認められる実績まではいかないかもしれないと、そんな私が名門大学に合格出来ますかってなったときはどう見せるかって、選ばれるか選ばれないかって最終的にはどうプレゼンするかじゃないですか。その中の一部に名前もあったりはしますけどそれですべてが決まるわけじゃないので。となるとその人がこれまでやってきた事、今やっている事、これからやりたい事をお伺いして、それと目指している学校とのマッチです、だからこの学校なんだという、点と点を線で繋いで、足りない部分というのは準備期間にうめていく例えば課外活動でうめていくですとか、という色んなやり方がありますけれども、その志望校に合わせて圧倒的なプロデュースをするというのを徹底してやります。これは1年2年かかることもありますが、出願するときだけ数ヶ月やるとかではなくて私たちは1年2年かけて付き添わせていただいて圧倒的なプロデュースをしていくと、この出願者が欲しくて欲しくてしょうがないって思わせるような状態にして、出してあげると合格しやすいです。というのは強みかと思っています。


留学サポート一覧:

楽しく英会話 有料会員登録

毎月みんなで集まって英語の勉強会、セミナー、交流会、懇親会、合宿、イベントを行っています。<月額会費制> ご案内はこちら

Access

東京都台東区東上野3-39-5 5F
TEL:03-5817-8553

受付:11:00〜16:00(平日)
定休日:火曜日、木曜日