SAMPLE JOB

TEL:03-5817-8553受付:11:00〜16:00 定休日:火・木

海外大学への留学サポートStudy Abroad Undergraduate School

日本の高校を卒業後、海外の大学に進学を希望される方へのサポートを提供しています。(対象:高校生、浪人生、専門学校生、短大生)アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなど世界中の国への合格を毎年出しています。特に、世界の大学ランキング100位以内に入る名門大学に合格される方が9割以上を占めます。

留学には主に2つのルートがありまして、1つは日本の高校から海外の4年制大学に直接入るやり方です、これをフレッシュマン留学と言います。これは日本の高校を卒業した後、直接海外の4大に入るというルートなのですけど、もう1つのトランスファーというのはです、2年制大学コミュニティカレッジとか日本でいう短大という位置づけなのですけれど、2年制大学に1回入ると、そこで1年2年過ごしてそこで良い成績を取っていれば良い4年制大学に編入できるというルートです。日本でも編入学ってあるじゃないですか、それの海外版もありますけど厳密にはですシステムとか制度とか違ったりするのですが、イメージしやすいのは日本でいう編入学を思い描いていただければ近いかと思っています。

順々にいきます。日本の高校を出て、海外の4年制大学に直接入るやり方、フレッシュマン留学というのですが、そのフレッシュマン留学を目指すのであれば日本の高校の成績が大事なのです。日本の高校で高い成績をとっていればいるほど、良い4年制大学に入りやすいってそういう仕組みになっています。日本でいうAO入試みたいなかたちなのですけど、海外の大学は受験という仕組みが一般的にはないのです。なので、テストを受けてそれでテストが良い人が合格できるみたいな日本の仕組み、2月3月に受験を受ける高校生様多いですけど、大学が出してくるテストを受けて、そのテストの点数で合否みたいなのがないので。じゃあどうやって合否判定するの、学力を判定しているのかってなると、通っている高校でちゃんと成績が出てるでしょ、その成績を見ればどれだけちゃんと勉強をしているか、学力がどの位なのかというのはわかるでしょというのが海外の大学の学力の判定の仕方なのです。だからこそちゃんと学校に行き、宿題をやってテスト勉強をして良い成績をとるというのが4年制大学に直接入るってやり方であれば大事なことです。それプラスもちろん英語力というのもちゃんと上げていくというのが求められます。

留学したいなと思ったら、まず1番最初にした方がいいのはどの国にするか決めるです。じゃないとやり方といいますか出願の時期ですとか何を提出しなくてはいけないの、どのぐらいの数字をもっていなければいけないというのは、色々国で変わったりするのです。受けなければいけないテストも国によって変わったりするので、どの国に行きたいですかというのを、その場ですぐ最終決定するまでは必要ないですけれど、やっぱりここかここかという候補は早く決めておいた方が対策が始めやすくなるでしょう。

なので国を決めるのがまず1つ最初の段階でやった方がいいこと、もちろんどの国にいくのであれ、英語圏の方が多いと思うのですが、英語圏に行くのであれば、英語をちゃんと話せるようになる英語で授業を受けて、英語でレポートを書いてなんでも英語でやることになるので、英語力を高めなければいけないです。また合格するためにはTOEFL、IELTSとか色々英語のテストがありますけれどもある程度要求されている点数を出さなければいけないので、英語の勉強をしなければならない、これ当たり前ですけど早い段階で始めた方が遅くはじめるよりはいいでしょう。


留学サポート一覧:

楽しく英会話 有料会員登録

毎月みんなで集まって英語の勉強会、セミナー、交流会、懇親会、合宿、イベントを行っています。<月額会費制> ご案内はこちら

Access

東京都台東区東上野3-39-5 5F
TEL:03-5817-8553

受付:11:00〜16:00(平日)
定休日:火曜日、木曜日